コンテンツへスキップ

万年筆には、非常に多くの種類があります。
メーカーもたくさんありますし、さらに1つのメーカーが、様々なモデルを販売しています。
値段も千円台のものから、10万円以上するものもあります。
そのように多種多様な万年筆の中から、「自分に適した1本」を選ぶことは、それほど簡単ではありませんが、まず大切なのは、「使う目的」をはっきりさせることです。

 使う目的により万年筆は異なる

万年筆はそのモデルごとに、ある程度使う目的を想定して作られています。
たとえば持ち歩くのならば、軸が小さめのものの方がポケットなどにも入れやすいことになるでしょう。
反対に家で使うのならば、少し大きめで、手にきちんとなじむものの方が書きやすいことになります。

プライベートで使うのか、仕事で使うのかも、万年筆選びには重要なポイントです。
仕事で使う場合には、万年筆の見た目もそれなりに落ち着いた、ビジネスシーンにふさわしいものを選ばなければなりません。
また仕事で書く文字は、小さめのことが多いですから、ペン先の太さは細めを選んだ方がいいでしょう。

それに対してプライベートで使うのならば、カラフルなデザイン、派手なデザインの万年筆も選ぶことができます。
ペン先も一般に、太めのものの方が滑らかに書けますので、字の大きさを気にしなくてよいのなら、太めを選ぶこともできることになります。

このように、まずは「何のために万年筆を使うのか」をきちんと考えることが、万年筆選びの第1歩となります。

ペン先の太さは5種類

万年筆は多くのメーカーが、たくさんの種類のものを販売していますから、その中から1本を選ぶとなると、悩んでしまうことになるのは確かです。
しかし万年筆は、使い捨てのボールペンなどと異なり、1本と長年付き合うことになりますから、やはり時間をかけ、納得の行くものを選びたいものです。

万年筆を選ぶ大きなポイントとして、「ペン先」があげられます。
万年筆のペン先には、様々な「太さ」があります。
大きく分けると5種類で、
・EE(極細字)
・F(細字)
・M(中字)
・B(太字)
・BB(極太)
です。
ですから万年筆を選ぶ際には、ペン先の太さを選ばなければいけません。

■万年筆のペン先を選ぶポイント

万年筆を手帳などに書き込みをするために使うのなら、小さな字で細かく書き込んでいかなければいけませんから、細い字の方が使いやすいことになります。
またインクの出も少なめのもののほうが手帳には書きやすいですし、持ち歩くことになりますから、全体のサイズも小さめのものの方がよいでしょう。

仕事に使う場合は、用紙の罫の太さにもよりますが、一般に日本の文字は画数が多いため、太さはEEまたはFあたりの細めのものの方が書きやすいといわれています。

一方日記などプライベートのために使うのであれば、字の大きさは自由に選ぶことができます。
一般に万年筆は、太字のものの方が書き味が滑らかですから、プライベートのために選ぶにはオススメとなります。

試し書きをしてみる

万年筆は、多くのメーカーが様々なモデルを販売しています。
万年筆は、ボールペンなどとは異なり、1本1本個性があります。
多種多様な個性を持つ万年筆から、自分に合った1本を見つけることは、やはりそれなりに時間がかかってきますが、それも万年筆と付き合う大きな楽しみの1つだといえるのではないでしょうか。

万年筆の違いは、見た目のデザインやペン先の太さなど、すぐに分かる要素もありますが、万年筆の「個性」は実際に書いてみなければ感じ取ることができません。
ですから万年筆を選ぶ際には、「試し書き」をするのがオススメです。

試し書きをする際に気をつけるポイント

万年筆は1本1本、太さと長さ、重さ、重心が異なります。
ですから万年筆を実際に手に持ってみて、きちんと手になじむかどうかを確認します。
一般に女性は手が小さいので、万年筆も小さく軽めの方が手になじみやすくなります。

試し書きをする際には、万年筆の上の方を持ったり、下の方を持ったり、持つ場所を変えながら、試し書きをしてみましょう。
万年筆は、持つ位置により書き味が変わります。

また万年筆は、同じメーカーの同じモデルでも、1本1本すべてが微妙に異なった書き味がします。
もし「これに決めよう」というものが見つかったときには、お店にある同じモデルの在庫をすべて、試し書きさせてもらうようにしましょう。

試し書きする際には「永」の字を書いてみるのがオススメです。
「永」にはハネやハライがバランスよく含まれ、書き味を知るにはうってつけです。

革財布といえば、エイジング(経年変化)が楽しめる長く使っていける財布というイメージがあります。
手に入れた革財布は、なるべく大事にして長持ちさせる工夫をしたほうがいいですね。

革財布を長持ちさせるメンテナンス

まず、メンズ革財布はズボンの後ろポケットに入れないように気をつけましょう。
型崩れを防ぐには、それがもっとも大切なことです。
また、財布が傷む原因にもなるからです。

そして、毎日のお手入れは、柔らかい素材の布で表面を拭くようにしましょう。
拭くための布は天然素材の生地がいいため、男性の古くなった綿の肌着を適度な大きさに切り取って使うのもいいですね。

財布に限らず、革製品はメンテナンスをするかどうかで、製品の状態がだいぶ違ってきます。
革靴や革製のバッグでもそうですが、革製品を手に入れたなら、正しいメンテナンス法を知って日々のお手入れを怠らないようにしましょぅ。

革財布を長持ちさせるちょっとしたコツとは?

革は、基本的に乾拭きをするのがいいお手入れになります。
拭くときには、強くこすらずに軽く撫でるようにして拭くのが革を長持ちさせるコツです。

革は日頃拭いているとなかから油分が出てきて全体的に光沢を増すようになります。
そうすると、油分による防水効果も高まります。
また、時々日光にあてることでも防水効果が出てくるようになります。

革財布にとってのタブーは、ベンジンやシンナーなどを使って拭くことです。
汚れは落ちるかもしれませんが、表面の膜が溶けたりその部分がシミになって残ることがあります。

市販のクリーナーなどを使用する場合も、色がムラになったりして失敗しないように注意が必要です。
最初から全体に塗るのではなくて、どこか目立たない部分で試し塗りを必ずしてください。
そうしてみて色ムラやシミができなければ、安心して革財布全体に使うことができると思います。

どのような財布を選べば良いかは、こちらのページを参考にして下さい。

冠婚葬祭で使える財布

冠婚葬祭のときの財布のマナーは?

冠婚葬祭のときでも、やはり財布は持っておいたほうが安心できますよね。
特に、葬式のマナーにおいて財布も黒のスーツに合わせて黒にするのか?は、多くの人たちが悩む問題だと思います。

実のところ、財布に対するはっきりとしたマナーはないようですが、あまり派手な色の財布は避けたほうがいいかもしれません。
おそらく、斎場で財布が必要になるのは、喉が渇いて自動販売機のジュースを買いたくなったようなときでしょう。

黒のものでなくても、あまり派手でない色の財布であれば、使ってもいいと思います。
もし、小さな革財布があれば、そんな時にも重宝しますね。

近頃は、葬儀の際に小さなバッグにも入れやすい「手のり財布」や「小さな財布」も売られていますから、そうしたものを購入するのもいいでしょう。

冠婚葬祭でスーツを着るときのメンズ財布について

葬儀の時には、もちろん男性ならスーツやネクタイは黒にしなければなりません。
でも、財布については地味な色であれば、普段使っている財布を持って行っていいと思います。

スーツの内ポケットに負担なく入れられる財布なら特にいいですね。
男性はカバンを持ち歩く習慣がないため、葬儀のときに必要となる香典や袱紗、数珠などを入れる持ち物がありません。

冠婚葬祭の場合、ほとんどの男性がいくつかあるスーツのポケットに、分散してそれらを入れるようにしているみたいです。
財布もその一つなのですが、男性の場合は特に会社の上司や取引先など、仕事関係の葬儀などに出席することも多いと思います。

それを考えれば、冠婚葬祭用の黒の小さい財布を一つ購入しておくのもいいですね。
冠婚葬祭用の財布はネットでも1000円ぐらいの値段で買うことができますから、社会人になったら一つ用意しておくのもいいかもしれませんね。

英会話の学習法は様々です。

英会話教室に通ってレッスンを受けるというのもその一つです。
多くの教室ではマンツーマンレッスンを行っていて、外国人講師から直接英会話を学ぶことができます。

ネイティブな英語を直接顔を合わせて取り入れることができるため効率的なことも多いのですがレッスンには時間が決まっていて定期的に通学する時間を確保する必要があります。

その人によって合う講師がありますし評判の良い講師からレッスンを受けようとすると少し距離のある教室まで通わなければいけない場合もあります。

比較的時間に余裕のある人の場合は教室への通学距離はあまり苦にならないかもしれませんが、仕事帰りなど限られた時間しか確保できない人にとっては少しの距離も苦になることもあります。

また予約制なことも多く急な仕事でキャンセルしなければいけない場合など、キャンセル料の発生や次回の予約がなかなか取れないという場合もあります。

費用を比較してみる

そして英会話教室の最大の壁はやはり料金ではないでしょうか。
大手英会話教室になるとマンツーマンレッスンを受けるには入会金や受講料、オプション料金などで月に10万円程度必要になることもあります。

2、3か月で満足がいく内容まで英会話を習得できればよいですが、受講する期間が長くなればなるほどそれだけお金がかさむことになります。
そこで自宅で都合の良い時間に学習できる通信教材などを利用する人も増えています。
教室に通うよりも時間に拘束されることはありませんので気軽に始める人も多いです。

ただ教材によっては1種類のCDをただ聴くだけでわからないことはテキストや辞書を用いて自分で調べなければいけないものもあります。

調べるという作業は確かに学習するうえで大切なことではあるのですが、時間のない人にとってはこういった少しの作業がネックとなり途中でやめてしまうこともあるようです。

手間も時間も出来るだけ省き、気軽に長続きできる英会話教材・・・それがスピードラーニングだと感じます。

今までになかった英会話の勉強法を取り入れたスピードラーニングは、なによりストレスを感じることなく英会話を学習できると言うところが魅力でしょうね。

就寝前のちょっとしたリラックスタイムにBGMとしてスピードラーニングの教材音声を流しなんとなく聴いているだけでいつの間にか英会話力が身についてしまうんです。

これらは多くの働く人たちの体験口コミなどを見てもわかります。

時間がなくても無理せず取り組むことができ、負担にならないほど低料金、そして確実に英会話力を手にすることができる教材は他にはあまりないのではないでしょうか。

石川遼さんのCMで人気沸騰中のスピードラーニング。
英会話教室に通うことに比べ、通学する時間を短縮することができ手間も省け効率よく英会話を習得できる方法として注目されていますよね。

英会話教室では外国人講師とマンツーマンで勉強できる場所も増えてきており、自宅で自分で学習するスピードラーニングとは基本的なスタイルが随分異なっています。

せっかく英会話を勉強するのだから効率よく確実に習得したいと思うのは当然です。
出来るだけ時間をかけず、お金もかけずに習得したいと思いますよね。

そこで一般的な英会話教室とスピードラーニングの料金を比較してみることにします。

まずスピードラーニングは最初に10日間の無料体験がついています。
体験版は初回の受講テキストと一緒に届くのですが、この10日間体験分は一切費用は発生しないそうです。

万が一体験してみて全く効果がない、興味もわかないということになればそのまま受講をやめても全く問題がないでしょう。

体験をしてみてこのまま受講したいと思った場合には無料体験教材と一緒に届く教材を使用していきます。
体験後にすぐに受講できるよう、教材は最初に届くので初回の費用9870円が必要となりますね。

これは体験後に受講をやめれば残りの教材は返品でき、取り消し扱いになります。

1か月ごとに新しい教材が届くシステムになっているので、初回のセットは最初の1か月で使用する分ということになりますね。
2か月目以降は毎月4200円の受講料が必要となります。

次に英会話教室ですがマンツーマンレッスンを行っている教室では多くのところで入会金が必要になります。
教室によって異なりますが2万円から3万円の入会金が必要なところが多いです。

レッスンも1レッスンの単価で月謝が決まるスタイルのところが多く、1回40分程度のレッスンで6000円から8000円という教室が多くなっています。
また年間契約を結ぶ場合には1年あたり70万円くらいの費用を支払うことになってくるようです。

このように比較してみると、スピードラーニングと英会話教室の料金の差は明瞭ですよね。
ケタが違うというのがよく分かると思います。

たしかに教室の場合自宅ではなく別の場所で行うので、そちらのほうが集中力を高めることができるという人も多いかもしれませんね。
しかし通学に時間を取られ、高いレッスン料金を払い続けても確実に英会話を習得できずに途中であきらめてしまう人も少なくありません。

無理な通学で時間を割かれ疲れてしまうというのが大きな要因となりますね。
そういった意識でレッスンを受けてもなかなか身につかないということになってしまうのかもしれません。

お金をかけず無理なく英会話を習得するための学習法、私はやはりスピードラーニングをお奨めしたいですね。