コンテンツへスキップ

名刺入れを持つ

名刺入れは、ビジネスマンなら革製の、黒か茶色のものが一般的になると思います。
ただ必ずしも、そのようなものを選ばなければならないというわけではありません。

黒や茶色以外の名刺入れ

名刺入れは、ビジネスシーンで初対面の相手に会った時、まず取り出されるものとなります。
ですから名刺入れをどのようなものを持つかで、自分の第一印象が大きく左右されることになります。

黒や茶の名刺入れは、名刺入れの色としては無難です。
それほど失敗もありませんが、相手に何らかの印象を与えることもできませんね。

ですから名刺入れは、少し変わった色のものを持つのもオススメとなります。

変わった色の名刺入れに、まずチャレンジしてみるのなら、グリーンです。
グリーンの名刺入れは、持っている人が少ないですが、それほど奇抜な印象を与えません。

また黄色などもオススメとなります。
黄色も、色としては変わっていますが、下品な印象を与えることは少ないです。

財布などとの統一性は考える必要がある?

名刺入れを選ぶ時、財布などと統一感をもたせるべきかどうか、迷う人もいると思います。
実際デパート等で財布の売り場では、統一感のある名刺入れやキーケースなども売られています。

ただ実際問題として、財布と名刺入れを同時に取り出すことはありません。
ですから別に、財布と名刺入れが、統一感がある必要性はないのです。

むしろそれより、その名刺入れに対して、自分がきちんとこだわりを持っていることが大事になってくると言えると思います。

素材で選ぶ

名刺入れには、様々な素材があります。
この素材によって、使い心地が大きく変わることになります。

素材による名刺入れの選び方を、ここにあげてみました。

革製の名刺入れ

革製の名刺入れは、名刺入れの中では代表的だと思います。
内部にポケットが付いていることが多いため、名刺を整理しやすいのも特徴です。

また革は伸びるため、本来の収納枚数よりたくさん、名刺を入れることも可能になります。
会合などで、たくさんの人に名刺を配らなければいけない時など、オススメと入れると思います。

また革製の名刺入れは、手に馴染みやすいのも特徴です。
持ちやすいのがいいですね。

ただ革製の名刺入れは、中に入れた名刺が引っかかり、取り出しにくい場合もあります。
また中に入れた名刺の角が曲がってしまうこともあるため、名刺の出し入れには注意が必要となりますね。

金属製の名刺入れ

名刺入れには金属製のものも多くあります。
金属製の名刺入れは何より、名刺を取り出す時抵抗がなく、取り出しやすいのが特徴です。

また金属製ですから硬いため、中に入れた名刺が傷みにくいことも、金属製名刺入れの特徴です。
さらに金属製の名刺入れは、革製などに比べて同じ枚数を入れても薄くなるため、スーツのポケットなどに入れても膨らむことがありません。

ただ金属製の名刺入れは、一般には収納枚数が少なくなります。
また内部にポケットがないものが多いため、名刺を分類して整理することは難しくなりますね。

さらに金属製の名刺入れは、角が尖ったものもあります。
その場合、カバンやスーツなどを傷つけてしまうこともありますから、注意が必要だと思います。

木製の名刺入れ

名刺入れには木製のものもあります。
これは金属製と同様、名刺を取り出す時になめらかに滑って抵抗がないため、取り出しやすいのが特徴です。

またこれも金属製の名刺入れと同様、木製は硬いので、革製などに比べて中に入れた名刺が傷みにくいのも特徴です。
さらに木製の名刺入れは、金属製より手に馴染みやすいので、使いやすいと思います。

ただ木製の名刺れも、金属製と同様、多くは収納枚数が少ないです。
またポケットがあるものが少ないため、名刺を分類して整理したい場合には向きません。

さらに木製の名刺入れは、下向きにすると落ちやすい場合があります。
向きには注意する必要があると思います。

機能面で選ぶ

名刺入れには、様々な機能を持ったものがあります。
これらの機能は、実際に名刺入れを、どのように使うかにより、選ぶ必要がありますね。

そこで機能による、名刺入れの選び方をまとめてみました。

ポケット付き名刺入れ

名刺入れは、革製のものの場合、内部や外側にポケットが付いたものが多くあります。
このポケット付きの名刺入れは、名刺を分類して入れることができますので便利です。

たとえば取引先ごとに分けてみたり、業種ごとに分けてみたり・・・。
自分の好きなように、名刺を分類することが可能となります。

またポケット付きの名刺入れは、一つのポケットを頂いた名刺を入れることに使用することもできます。
そうすると、頂いた名刺をすぐにとり出し、見ることができますね。

ただポケット付きの名刺入れは、頂いた名刺を一つのポケットに入れておくと、つい名刺を入れっぱなしにしてしまいがちです。
整理する必要を感じにくくなってしまうからなんですね。

またポケットが付いていると、その分名刺入れが厚くなってしまいがちです。
スーツのポケットなどに入れる場合は、膨らんでしまうことがあるので、名刺を入れすぎないようにする必要があると思います。

大容量名刺入れ

大容量の名刺入れは、言うまでもありませんが、たくさんの名刺を持ち運ぶ人にとってはオススメです。
名刺をたくさん配らなければいけない人は、少なくないと思います。

また大容量の名刺入れなら、もらった名刺もすぐにしまうことができます。
それも嬉しいところですね。

ただ大容量の名刺入れは、名刺を整理しにくくなってしまいがちなのが難点です。
また当然の事ながら、大容量の名刺入れは、分厚くなってしまうため、ポケットに入れると膨らんでしまうかもしれません。

変形名刺入れ

変形名刺入れは、色々なサイズの名刺を入れられるものがあります。
最近の名刺は、サイズが必ずしも統一されていない場合もありますので、そのような名刺を持ったり、またもらったりする場合にはおすすめです。

またサイズが小さい名刺入れもあります。
これは携帯に便利で、ポケットに入れてもかさばらないのが特徴です。

ただ大きなサイズの名刺入れは、かさばって、ポケットには入れにくいのが欠点です。
また小さな名刺入れは、もらった名刺をしまえない場合もありますので、これも欠点になりますね。

1 thought on “名刺入れを持つ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です