コンテンツへスキップ

男性は、女性のようにブローチやネックレスなどのアクセサリーを
なかなか付けることができません。

そこで男性にとっては、時計などの実用品が、アクセサリーとしての役割を果たしていて、
これを効果的に選ぶことで、女性からの印象を大きくアップすることができます。

値段ではなく、デザイン重視

時計はただ高いものならいいというわけではありません。
手頃な値段ながら、センスが良い物を選ぶようにしましょう。

時計を選ぶポイントの一つが「ビンテージ調」です。
伝統の良さを生かしながら、同時に現代のセンスにマッチしたものは落ち着いた印象を与え、
ビジネスシーンにもカジュアルシーンにも使うことができるのでオススメです。

中でも特に、次の時計が今男性の注目を集めていますので、紹介したいと思います。

◎ハミルトン・フォー・シップス「KHAKI」

ハミルトンは1892年にアメリカで創業された時計メーカーで、
「アメリカを代表する時計メーカー」とも言われることがあります。

米軍用の時計を製造してもいますが、このKHAKIは、1940年代に製造された
米軍用の時計をモデルとしています。

ただもちろん、それをそのまま出すのではなく、現代調にアレンジしています。
それが、時計の色で、ブランドカラーでもあるネイビーが採用されています。

実用性が高いものでありながら、かつ現代のセンスにもマッチしており、
女性から好印象を持たれることは間違いありません。

上級者アイテム「香水」

男性に「香水」というと、眉をしかめる人も少なくないかもしれません。
「男に香りなど必要ない」
と思う人もいるでしょう。

しかしもし女性からもてたいと思うのなら、香りも重要なファッションアイテムとなります。

特に夏の間は、どうしてもファッションに変化が少なくなりがちですから、
香りで変化をアピールするのは効果的です。

マスキングよりファッションとしての香水

以前は男性用の香水といえば、「臭いを隠す」ために使われたものでした。
たしかに男性の汗臭い臭いは、女性から嫌われることは言うまでもありません。

ただそのような「マスキング」としての香水の使われ方は、
現在では一時代前のものだということができます。

現在では、ただマスキングというだけでなく、ファッションアイテムとして、
「洋服に合わせて香水を選ぶ」
時代になっているからです。

夏におすすめの香水は?

さてそれでは、夏のファッションアイテムとしておすすめの香水を紹介したいと思います。

◎ベルサーチ エロスオード トワレ

アパレルでお馴染みのベルサーチ、バブル期の派手な印象がある人もいると思いますが、
現在では再び日本でも、大きく展開されています。

そのベルサーチが発売する香水の、その名も「エロス」
ベルサーチらしいゴージャスな香りが特徴で、「大人の色気」を演出したいと思ったら、
この香りは最適です。

◎フェラガモ エッセンツィアーレ

このフェラガモ エッセンツィアーレは、ベルサーチ「エロス」とは対極の、
知的な香りが特徴です。

海の香りを表現していて、海辺のリゾートに打ってつけなのはもちろん、
普段使いにも「落ち着いた大人の男性」を演出できます。

◎ゼニア ベルガモット

ゼニアが自ら所有する農園で、香水のために栽培されたベルガモットを使った香水です。

一見軽い印象なのですが、実は爽やかさ、力強さも備えており、
男性の香水としては今大きな人気となっています。

男性が持つ財布は、女性から見て、
「男性のファッションセンスを量る試金石」
ともなるものですが、さらに大きな意味を持つものでもあります。

女性は男性の持つ財布を見て、その男性の人間性、特に「金銭感覚」を量ってもいるからです。

女性は男性の財布を見て金銭感覚を量る

女性は男性の財布を見て、その男性の金銭感覚を量ります。
その理由は、まず財布が、「お金」という大事なものを入れるものだからです。

お金を大事にする人は、当然財布も大事にします。
またお金を大事にしない人は、財布にも気を使いません。

財布を見れば、その人の金銭感覚が分かるというのは、
ある意味当然とも言えるのではないでしょうか。

また財布が取り出される状況も大事です。
財布は普段は、カバンやポケットの中にしまわれていると思います。
それが女性の前で取り出されるのは・・・?
そう、女性と食事をし、お勘定をする時ですね。

食事のお勘定をするのは、女性とのデートにおいて、「クライマックス」とも言える場面です。
そのような場面で取り出される財布は、女性にとってとても強い印象を与えることになります。

お勘定の場面で、男性が良質な財布を取り出せば、女性にとっては男性の印象が、
より一層アップすることになります。
逆につまらない財布を取り出していしまうと、女性は幻滅することになります。

ですから男性が女性にもてたいと思うのなら、どのような財布を持つかについて、
気を使って使い過ぎということはないのです。

財布はブランドより素材が重要

さてそれでは財布は、どのようなものを選べば、女性に好印象を与えることができるのでしょうか。
「やはりブランド物の財布かな・・・?」
そう思う男性も少なくないと思います。

もちろんブランド物の財布は、きちんとセンスが良い物を選べば、
女性に好印象を与えることができるのは間違いがありません。

ただ気を付けなければならないのは、多くの場合、ブランドについては、
女性のほうが、男性より詳しいということです。
ですから中途半端なブランド財布を選んでしまうと、女性から見て
「センスが悪い」
と受け取られてしまうことになりやすいので注意が必要です。

ブランドについて十分な知識を持ち、自分のファッションセンスに自信がある場合には、
ブランド物の財布を選ぶのもいいでしょう。
でももしそうでないのなら、ブランド物の財布は選ばないほうが無難です。

財布については、ブランドより大事なものがあります。
それは、「素材」です。

良質な革素材を使った財布は、それだけで女性に好印象を与えることができます。
またノンブランドの革財布であれば、どんなものでも、それほど「センスが悪い」と
受け取られるようなことはありません。

また同じ素材であれば、ブランド物よりノンブランドの物のほうが、安くなります。
ブランド物は広告宣伝費に多額の資金を使うため、その分原材料費がどうしても
圧縮されてしまうことになるからです。

ですからもし、女性に手っ取り早くもてたいと思うのなら、中途半端にブランド財布を選ぶより、
良質な革素材の財布を選ぶことがオススメです。

きちんと手入れされた良質な革財布を持っていれば、
女性から一目置かれることは間違いありません。

30代後半になったら長財布を持とう

さて財布には、男性用の場合、「2つ折り財布」と「長財布」の、
大きく分けて2種類があります。

20代から30代前半までは、2つ折り財布を持つので十分でしょう。
若いうちから下手に長財布を持ってしまうと、場合によっては「キザ」に見えることがあります。

ただ30代の後半以降は、圧倒的に、長財布を持つことがオススメです。
長財布を持つことで、「余裕ある大人の男性」を演出することが可能です。

長財布は「余裕を感じさせる」

2つ折り財布は、その名の通り財布を2つに折り曲げますので、
どうしてもお札がたくさん入りません。
あまりたくさんお札を入れると、財布が分厚くなってしまいます。

それに対して長財布には、お札をたくさん入れることができます。
多くの長財布は数十枚、物によっては100枚以上のお札を入れることができるようになっています。

そのことから、長財布を持っていると、印象として、
「お金をたくさん持っている」
と感じさせることができるのです。
もちろん本当は、長財布を持っていればお金をたくさん持っているとは限らないのですが、
お金をたくさん持っている男性の多くが長財布を使っていることは、間違いのない事実です。

長財布はお札を取り出す動作がエレガント

また2つに折れ曲がった2つ折り財布からお金を取り出すことより、
真っすぐな長財布から、真っすぐなお札を取り出すほうが、
お札を取り出す動作がエレガントに見えます。

女性の前でお金を取り出すのは、食事の後のお勘定のシーンになると思います。
ここでエレガントにお札を取り出すことは、女性からもてる上で非常に大きな役割を果たします。

以上の理由から、30代を過ぎたら、2つ折り財布ではなく、長財布を選ぶようにしましょう。
ただもちろん、長財布を持つようになったら、女性と割り勘ではいけません。
余裕ある男性は、女性におごる必要があります。

女性からモテるファッションを考える上で、もちろんファッションコーディネートは重要です。
センスの良いコーディネートは、女性の注目を集め、印象をアップします。

ただどんなファッションを着たとしても、不潔であれば論外となってしまいます。

男性が清潔であることは、女性にとって何より大切となってきます。

体の汚れだけでなく、服の汚れにも注意

まずは清潔であるためには、体を清潔にすることはもちろんです。
風呂に入ったり、爪を切ったりなどということは当然として、
髪をきちんとマメにカットしたり、顔がテカらない配慮をしたり、
などのことも重要ですので注意しましょう。

その他に大切なのは、服の清潔感です。

きちんと洗濯するのは大切です。
選択をしても、襟元や袖口の汚れが取れない場合がありますので、注意しましょう。

また服を洗濯しても、靴が汚れたままだと女性からは幻滅です。
スニーカーならまめに洗い、革靴は履くたびに磨きましょう。

さらに、服の臭いにも注意が必要です。
洗濯をしてあっても、家がきちんと掃除されていないと、
家の臭いが移ってしまう場合もありますので注意が必要です。

またジーンズなどあまり洗濯しないものは、臭い取りスプレーを掛けたり
風に当てるなどして臭いをとるようにしましょう。

服装の選び方

男性は、ビジネスシーンでは多くの人が、スーツにネクタイを着用すると思います。
ジャケットやネクタイの選び方にも、もちろんセンスが現れるものですが、
他人とそうそう違った個性をアピールできるわけではありません。

しかしカジュアルシーンはそうではありません。
着る服について、ビジネスシーンのような成約がなく、自由に選べる反面、
その人のセンスがモロに出てしまうことになります。

一番気を付けなければならないのは、カジュアルでだらしなくなってしまうことです。
特にポロシャツなどを着た時には、どうしてもだらしない印象を与えてしまいがちですね。

そんなポロシャツ着用時にオススメのコーディネートが、
「ポロシャツにボウタイをあわせる」ことです。
これでカジュアルでありながら、だらしなくない着こなしができ、
女性からの注目もアップします。

コーディネートにはコントラストが大事

ポロシャツとボウタイを合わせる時には、コントラストが大事になります。
まず色については、できるだけ反対色のものを選ぶようにするのがオススメです。

またポロシャツは無地のものが多いので、ボウタイにはギンガムなどの色柄を選ぶのもコツとなります。

このように目立つ色合いと柄にすることで、ボウタイがカジュアルにも映えるようになります。

靴の選び方

女性は男性の靴をよく見ています。
「足元を見られる」などという言葉もありますが、本当にそのくらい、
男性の靴に対する女性からの注目度は高いんですね。

それは一つには、男性が往々にして、靴をきちんと選ばないことがあります。
家で様々な服をコーディネートしても、靴はいつも同じものという男性は
少なくないのではないでしょうか。

またもう一つの理由として、靴が「立つ」ことに直接関わるからだとも言われています。
女性にとって、男性が世の中でどのように立っているのかは重要な問題です。
靴が「大地を踏みしめる」ものであるために、どうしてもそこに、女性の注目が
集まるとも言われています。

靴に柄物を持ってくるのはオススメ

男性の靴は、どうしても無難な、黒や茶のものになりがちです。
もちろん黒や茶の靴は、ファッションアイテムの一つとしてきちんと持つ必要がありますが、
やはりそれだけでは面白くありません。

かといって、スニーカーもありきたり・・・。
という男性にとってオススメなのは、「エスパドール」です。

エスパドールは南米の伝統織物であるアグワヨを、アッパーに配したものです。
カラフルな柄と配色で、エキゾチックな魅力をたたえるこの靴は、
落ち着いた色の無地のボトムスに合わせるのがオススメです。

マリンスポーツははっきり言ってどれも大人気です。
そのため、最近人気となっているマリンスポーツは?と聞かれてもちょっと困ってしまいますね。

最近人気のマリンスポーツ

やはり若年層から絶大なる支持を受けているのはサーフィンだと思いますね。

基本的に経費はそこまでかかりませんし、まさに海のスポーツという感覚ではじめられます。
必要となるアイテムに関しては、ウェットスーツとボードですね。
だいたい5万円程度で済んでしまうので、比較的はじめやすいと思います。
サーフィンにはまってしまうと、毎日の海のことばかり考えてしまって仕事ができなくなります。笑

されにサーフィンの魅力はサーフスポットがとても充実しているということですね。
それに下手でもそれなりに楽しめるということもあって、私はすぐにハマってしまいました。
波に戯れて楽しめるスポーツなので、海が大好きな人だったら誰でも楽しめますよ。

それにボードを自力運搬することができるのは大きなメリットだと思います。
身体を動かして楽しむことができるので、運動不足解消にもおすすめですね。
それに技術の奥は深いので、高みを目指すならプロという選択肢もあります。

そしてサーフィンつながりでいえば、ウィンドサーフィンを有名だと思います。
こちらは一般的なサーフィンと比較すると経費はややかかると思います。
ウェットスーツとボードなどはもちろん、付属品を揃えるとなると最低でも15万円はかかります。

しかし、ウィンドサーフィンもサーフスポットが充実しています。
デメリットとしては講習が必要ということでしょうか。
サーフィンのように誰でも習得できるものではないので、講習しないと乗れないと思いますね。
海を最大限に楽しむことができるのは言うまでもありませんが、運搬がやや厳しいかもしれません。

また、ウィンドサーフィンにはそれぞれ種類があって、
スピードやレース・トリックといった競技系のものもあります。
これは一般的なサーフィン同様に技術の奥は深いと言えますね。

ダイビングも根強い人気を誇る

サーフィンが人気となっているものの、ダイビングもマリンスポーツの定番と言えます。
ダイビングは経費がかかりすぎるというデメリットがありますが、一度ハマってしまうと抜け出せなくなります。
一式揃えるとだいたい40万円くらいかかりますが、揃える価値は十分にあると思います。

もう私はダイビングの虜となり、さまざまなダイビングスポットで楽しんでいます。
大都市からはとおいところにスポットがあるので、自然を感じることもできるんですよね。
ただし、ダイビングは講習が必要となっているので注意してください。

また免許も生命確保をするために必須となっています。
ダイビングはまるでこの世からかけ離れたもうひとつの世界を楽しむようなスポーツです。
本当に海の中は別世界となっていて、すぐに魅了されてしまうほど。

ただし、説明したようにダイビングはシンプルなものではありません。
まず酸素ボンベの供給者との連携も必要ですし、現地への船便なども必要です。
また、一般的なマリンスポーツと比較しても道具は大きく重いのが特徴です。

まあ、慣れてしまえばどうってことないんですけどね。
最初はちょっと戸惑うかもしれません。
運動として楽しむこともできるのはもちろん、魚や場所を楽しむということもできます。

本当に魅力は語り尽くせないというのが率直な意見ですね。
そのため、あちこちにいきたくなってしまうため、想像以上にお金がかかってしまいます。。
まあ、それが楽しみなんでお金なんてどうでもよくなってしまうんですけどね。

ポピュラーなマリンスポーツ

ポピュラーとなっているマリンスポーツはたくさんありますよ。
子どもでも楽しむことができるのがシュノーケリングだと思います。
親子で海に出かけるなら間違いなくおすすめだと思いますね。

経費はそこまでかかりませんし、ウェットとひれがあれば問題なくはじめられます。
あ、眼鏡セットもお忘れなく。でも、すべて揃えたとしてもだいたい4万円くらいだと思います。
場所はダイビングができるとこであれば、どこでも可能なので場所を選びません。

大抵が大都市からは遠く離れているので、自然を楽しむことができると思います。
いずれにしてもシュノーケリングは、道具が簡素となっているのでラフなんですよね。
だからこそ、構えることなくはじめられるのが魅力だと思います。

また、岩場などで磯ものを収穫するといった楽しみもあります。
単なる遊びだと思っている人が多いですが、以外にも奥が深いマリンスポーツです。

そしてシーカヤックも相変わらず人気となっているマリンスポーツですね。
経費がかかり、さらに風速9メートル程度が必要となるので、やる人を選びます。
このようなデメリットがありますが、以外にもかんたんにはじめられますよ。

岩場や入り組んだ湾などが穴場となっていて、楽しんでいる人をよく見かけますね。
免許は不要となっていますが、技術を必要とするので1~2日の講習をは必要になるでしょう。
もちろん、必ずしも講習を受ける必要はありませんが、すんなり習得できる人は稀だと思います。
私も講習なしにやりましたが、まったく習得できず、結局講習を受けてからマスターしましたから・・・。

ただし、カヤック本体は非常に重いですし、保管やマイカー輸送が必須となります。
そのため、自身で購入するというのは難しいと思います。
カヤックを楽しんでいる人のほとんどが、海岸近くのショップでレンタルをしています。
ですので、レンタルを選択したほうが賢いと思いますね。

ポピュラーと言えばヨット

やっぱりマリンスポーツといえばヨットと答える人が多いと思います。
特に気軽にはじめることができるディンギーは人気となっています。
1~2人乗りとなっていることもあって、カップルにもおすすめですね。

船室の無いヨットとなっているため、皆さんが想像するヨットとはちょっと違います。
ヨットは技術を必要とするため、だいたい2日くらい講習を受ける必要があると思います。
講習さえ受けてしまえば、誰でも沖へ行って帰ってくる程度のスキルは身に付きます。

ただし、ヨットは風があってこそのスポーツなので、風速10メートルくらいまでが必要です。
免許不要となっているのは嬉しいですが、ヨットを購入するとなるとやや現実的に厳しいかもしれません。
ディンギーは中古でも20万円かかりますし、何よりも自宅保管が厳しいと思います。

ヨットを購入したものの、自宅に保管することができずにトランクルームに預けている友人がいますが、
その保管料にお金がかかりすぎて常にぼやいているくらいです。。
また、輸送と海への上げ下ろしを行う必要があるため、最低でも2人必要となります。

一般的な1年間のマリーナ保管料は船の新品価格の3分の1となっているようです。
そして誰もがイメージするヨットである小型クルーザーを楽しむというのもいいでしょう。
ただし、港への出入りをする必要があるので、免許が必須となります。

免許取得をはじめとして、維持講習費がかかるのでお金は結構かかります。
また、帆走操作は難しいのでまずはディンギーを入門としたほうがいいと思いますね。
下手な操作をしてしまって、事故をおこす人が多いのでやはり基礎的な技術は必要だと思います。

万が一事故でも起こして壊してしまったら、何よりも修理費も高いのできっつくなると思います。
また、1年間のマリーナ保管料は船の新品価格の2分の1は必要となっています。
それに3~4人単位で楽しむものとなるため、気軽にはじめることがやや難しいと思います。

そのため、クルーザーはヨットの基礎知識とスキルを身につけてからはじめるものだと思います。

1

名刺入れは、ビジネスマンなら革製の、黒か茶色のものが一般的になると思います。
ただ必ずしも、そのようなものを選ばなければならないというわけではありません。

黒や茶色以外の名刺入れ

名刺入れは、ビジネスシーンで初対面の相手に会った時、まず取り出されるものとなります。
ですから名刺入れをどのようなものを持つかで、自分の第一印象が大きく左右されることになります。

黒や茶の名刺入れは、名刺入れの色としては無難です。
それほど失敗もありませんが、相手に何らかの印象を与えることもできませんね。

ですから名刺入れは、少し変わった色のものを持つのもオススメとなります。

変わった色の名刺入れに、まずチャレンジしてみるのなら、グリーンです。
グリーンの名刺入れは、持っている人が少ないですが、それほど奇抜な印象を与えません。

また黄色などもオススメとなります。
黄色も、色としては変わっていますが、下品な印象を与えることは少ないです。

財布などとの統一性は考える必要がある?

名刺入れを選ぶ時、財布などと統一感をもたせるべきかどうか、迷う人もいると思います。
実際デパート等で財布の売り場では、統一感のある名刺入れやキーケースなども売られています。

ただ実際問題として、財布と名刺入れを同時に取り出すことはありません。
ですから別に、財布と名刺入れが、統一感がある必要性はないのです。

むしろそれより、その名刺入れに対して、自分がきちんとこだわりを持っていることが大事になってくると言えると思います。

素材で選ぶ

名刺入れには、様々な素材があります。
この素材によって、使い心地が大きく変わることになります。

素材による名刺入れの選び方を、ここにあげてみました。

革製の名刺入れ

革製の名刺入れは、名刺入れの中では代表的だと思います。
内部にポケットが付いていることが多いため、名刺を整理しやすいのも特徴です。

また革は伸びるため、本来の収納枚数よりたくさん、名刺を入れることも可能になります。
会合などで、たくさんの人に名刺を配らなければいけない時など、オススメと入れると思います。

また革製の名刺入れは、手に馴染みやすいのも特徴です。
持ちやすいのがいいですね。

ただ革製の名刺入れは、中に入れた名刺が引っかかり、取り出しにくい場合もあります。
また中に入れた名刺の角が曲がってしまうこともあるため、名刺の出し入れには注意が必要となりますね。

金属製の名刺入れ

名刺入れには金属製のものも多くあります。
金属製の名刺入れは何より、名刺を取り出す時抵抗がなく、取り出しやすいのが特徴です。

また金属製ですから硬いため、中に入れた名刺が傷みにくいことも、金属製名刺入れの特徴です。
さらに金属製の名刺入れは、革製などに比べて同じ枚数を入れても薄くなるため、スーツのポケットなどに入れても膨らむことがありません。

ただ金属製の名刺入れは、一般には収納枚数が少なくなります。
また内部にポケットがないものが多いため、名刺を分類して整理することは難しくなりますね。

さらに金属製の名刺入れは、角が尖ったものもあります。
その場合、カバンやスーツなどを傷つけてしまうこともありますから、注意が必要だと思います。

木製の名刺入れ

名刺入れには木製のものもあります。
これは金属製と同様、名刺を取り出す時になめらかに滑って抵抗がないため、取り出しやすいのが特徴です。

またこれも金属製の名刺入れと同様、木製は硬いので、革製などに比べて中に入れた名刺が傷みにくいのも特徴です。
さらに木製の名刺入れは、金属製より手に馴染みやすいので、使いやすいと思います。

ただ木製の名刺れも、金属製と同様、多くは収納枚数が少ないです。
またポケットがあるものが少ないため、名刺を分類して整理したい場合には向きません。

さらに木製の名刺入れは、下向きにすると落ちやすい場合があります。
向きには注意する必要があると思います。

機能面で選ぶ

名刺入れには、様々な機能を持ったものがあります。
これらの機能は、実際に名刺入れを、どのように使うかにより、選ぶ必要がありますね。

そこで機能による、名刺入れの選び方をまとめてみました。

ポケット付き名刺入れ

名刺入れは、革製のものの場合、内部や外側にポケットが付いたものが多くあります。
このポケット付きの名刺入れは、名刺を分類して入れることができますので便利です。

たとえば取引先ごとに分けてみたり、業種ごとに分けてみたり・・・。
自分の好きなように、名刺を分類することが可能となります。

またポケット付きの名刺入れは、一つのポケットを頂いた名刺を入れることに使用することもできます。
そうすると、頂いた名刺をすぐにとり出し、見ることができますね。

ただポケット付きの名刺入れは、頂いた名刺を一つのポケットに入れておくと、つい名刺を入れっぱなしにしてしまいがちです。
整理する必要を感じにくくなってしまうからなんですね。

またポケットが付いていると、その分名刺入れが厚くなってしまいがちです。
スーツのポケットなどに入れる場合は、膨らんでしまうことがあるので、名刺を入れすぎないようにする必要があると思います。

大容量名刺入れ

大容量の名刺入れは、言うまでもありませんが、たくさんの名刺を持ち運ぶ人にとってはオススメです。
名刺をたくさん配らなければいけない人は、少なくないと思います。

また大容量の名刺入れなら、もらった名刺もすぐにしまうことができます。
それも嬉しいところですね。

ただ大容量の名刺入れは、名刺を整理しにくくなってしまいがちなのが難点です。
また当然の事ながら、大容量の名刺入れは、分厚くなってしまうため、ポケットに入れると膨らんでしまうかもしれません。

変形名刺入れ

変形名刺入れは、色々なサイズの名刺を入れられるものがあります。
最近の名刺は、サイズが必ずしも統一されていない場合もありますので、そのような名刺を持ったり、またもらったりする場合にはおすすめです。

またサイズが小さい名刺入れもあります。
これは携帯に便利で、ポケットに入れてもかさばらないのが特徴です。

ただ大きなサイズの名刺入れは、かさばって、ポケットには入れにくいのが欠点です。
また小さな名刺入れは、もらった名刺をしまえない場合もありますので、これも欠点になりますね。